公認会計士試験の合格体験記とアドバイス

おすすめ教材

 

基本は予備校のテキストや問題集を使えば合格できます。ただし、苦手な論点を克服するためや、確実に合格するためには副教材を利用することは効果的です。ここでは筆者も実際に使用したおすすめの教材をご紹介します!


 

LECの教材はヤフオクで格安で手に入れろ!

 

実はLECの教材はヤフオクで最新版をGETすることができます。テキストだけではなく講義DVDもついてくるので、講座を取らなくてもヤフオクで教材を揃えることも可能です。しかも格安!!独学の方は教材を一式揃えるのに良いですし、苦手論点を補いたい人も科目単位で買うこともできます。

 

LEC ヤフオク 公認会計士教材

 

 

 

ヤフオク 公認会計士教材はコチラ

 

 

財務会計論のおすすめ教材

 

予備校のテキストと問題集だけでもかなりの量ですから、基本的に副教材まで手を回す必要はないでしょう。それでも不安だという人や確実に合格したいという人には、TACの総合問題集がおすすめです。良問を揃えているので、何度も繰り返し解くことで力が付くように設計されています。論文で繰り返し問われる連結や企業結合を強みにしたい人には是非使って欲しいと思います。

 

 

 

管理会計論のおすすめ教材

 

管理会計論も教科書と問題集で基本的には問題ありません。余裕がある人にはおすすめの問題集があります。上記と同じくTACの総合問題集は良問だけ揃っていますので、繰り返し解くことで力が付くことを実感できます。

 

 

 

企業法のおすすめ教材

 

企業法は短答対策として、市販の問題集を1冊使用することをおすすめします。下記の監査論と同様に授業を聞いただけでは、あいまいな部分が多く残ってしまうからです。なるべく多くの問題を解くことで、あいまいあ点をあぶり出しつぶしていくことが短答式で高得点を取るコツです。企業法と監査論は短答で90点を私も取りましたので、余裕がある方、必ず合格したい方はチャレンジすると良いでしょう。

 

 

 

監査論のおすすめ教材

 

授業や答練だけでは理解したつもりでも、意外とあいまいな知識になってしまいます。短答を突破するためには、あいまいな知識では正答を得ることは難しくなります。では、どうすれば良いのかというと、私の経験上、「実際に問題を解くこと」がおすすめ。実際に問題を解いてみると何がわからなかったのかを明確にすることができます。このあいまいだった点をテキストに戻って復習することで正確な知識が定着します。

 

TACの短答式問題集は各論点を網羅していながら、冊子が薄いので、一日で1回転できます。効率的に曖昧な知識をあぶりだすことができるので、市販の問題集としては秀逸です。私はこれを使って短答は90点を取ることができました。これがなければ合格できなかったと思います。皆さんもこれを使って、あいまいな知識を正確な知識へと変えましょう!

 

スポンサーリンク

人気記事ランキング

ブログも更新しています!

FeedWind