公認会計士、税理士、USCPA、簿記の試験情報、予備校徹底比較

簿記2級と3級の違いって何?

 

日商簿記は3級からはじまって2級、1級まであるんだ(*^_^*)
1級を取れば、もう会計士とほとんど変わらないレベルだから、圧倒的に難しくなる(-"-)
だからまずは3級からはじめて、2級までは絶対に合格したいところだね(^^)/
まずは、3級と2級の違いを学ぼう!


 

企業か個人か

簿記2級は、法人企業の経営をあつかうための資格です。そのために、商業簿記と工業簿記の2区分に知識が必要です。簿記2級を習得すれば、株式会社の会計処理や、製造業での原価計算が理解できるようになります。
一方、簿記3級は個人経営の会社経理をあつかうための資格になってきます。

 

出題範囲が違う

簿記2級は、商業簿記と工業簿記の2科目から出題されます。商業簿記は、売買取引、資産、帳簿、決算などがあつかわれ、記帳の仕方が中心になります。工業簿記は、原価計算からの出題が中心になります。仕入れて売る商業簿記とちがい、材料を仕入れて加工して売るのが工業簿記です。
一方、簿記3級は商業簿記の1科目だけから出題されます。簿記の基礎、売買取引、資産、帳簿、決算など基本的なことが出題されます。

 

必要な勉強時間

簿記2級は、約200時間の学習が必要とされています。一般的には3〜4ヶ月かかると言われています。
簿記3級は、約70時間の学習が必要とされているので、1ヶ月程度勉強すれば十分合格することができます。
どちらも、1カ月半くらい毎日2−3時間独学で勉強して合格できたから、本気で取り組めばそんなに難しくないはずだよ(*^_^*)

 

就職、転職、昇給に有利なのは?

簿記2級は、履歴書に書いて役に立つ資格です。経理や経営展開などの担当者を募集する際は、簿記2級保有を条件にあげる企業も多いです。簿記3級は、履歴書に書いても就職や転職にあまり影響しない資格です。簿記3級自体が個人経営をあつかう資格なので、企業はどうしても2級保有者を求めるようです。

スポンサーリンク

人気記事ランキング

ブログも更新しています!

FeedWind